著作権保護コンテンツ

Youtubeに動画をアップロードしている人は良く知っていることだとは思いますが、著作権保護コンテンツが含まれています。通常であれば、youtubeにアップロードした動画は管理画面からの際ダウンロードが可能ですが、著作権保護コンテンツが含まれていると判断された場合は、再ダウンロードが出来なくなってしまいます。

著作権保護コンテンツとは、著作権保護されている動画や音楽のことを言います。YoutubeではコンテンツIDという仕組みを利用して、動画のアップロードのときに著作権保護のコンテンツが含まれていないか自動的に解析するようになっています。自動的なので誤探知もあったりします。こうしたコンテンツにあたってしまうと、著作権情報の情報と申し立て情報が表れるといった具合になったりします。

しかし、該当している著作権侵害の作品が動画を削除されたりするわけではなく、広告収入は著作権者に入りますが、きちんと認知することでアップロードしても良いというのが基本となっています。動画がちゃんと真の著作権者が手にする収益になるのであれば、アップロードは許容するというスタンスになっています。そのため、著作権を持っているものに正当な報酬が与えられるのかが問題となっていて、すべてに問題があるというわけではありません。

著作権のチェック

著作権とは、オリジナル作品を創作したものに対して、誰にでも発生する権利です。動画や音楽など、どのようなコンテンツにも著作権はあります。そのため、他人の作った作品などを、無断でyoutubeに載せる行為は、著作権違反となります。Youtubeではテレビ番組をはじめとしたいくつかのものが取締りの対象となっています。

Youtubeでは、著作権違反を幾度となく行うといった悪質なユーザーに対して、アカウントの停止や剥奪などの処置をしています。著作権違反を回避する方法という言葉が、ありますが、著作権者がyoutubeあがっている違法動画にたいして削除申請をするといった著作権違反の申請を回避する方法という意味が正しいです。

著作権フリーのコンテンツを利用していたとしても、著作権違反として申し立てがくる場合もあります。なぜ、それに対しても申し立てが通知されるのでしょうか。それは、著作権に触れていないかどうかの動画があるかを検出するシステムがあります。これはある一定の内容をクリアした著作権所有者が利用できるシステムです。このシステムによって著作権が侵害されているのかをチェックします。これは、99パーセントの精度といわれているけど、完全ではないので、間違いが起こってしまいます。

著作権の著作権に注意

著作権の保護の問題は、携帯電話からの動画の撮影、デジカメからの動画への変更、パソコン内での画像編集が比較的容易になってきたことで問題となることが多くなってきました。また、著作権の周知が進んだことにより意識も高くなってきています。しかし、一部コンテンツには著作権を含む作品が投稿されており、違法作品も見受けられます。

当サイトではこれらの著作権に関して、いかに注意すればよいのかを解説しています。著作権で収益をあげるビジネスをしている場合や、副業にされたいと考えている方、趣味で投稿をしている方でも、民事、刑事ともに責任が発生する可能性があります。これからの時代は、著作権の配慮には十分に注意をしなければなりません。

実際に、アニメや映画の画像の一部を投稿される時に、権利関係に気を配ることが求められます。投稿している方は、周囲でも同様な方法で投稿しているため、軽い気持ちで行っている可能性があります。しかし、実際には違法のことのケースがあります。インターネット上からの投稿はIDや端末などから調べられ、投稿の記録が見つかる可能性もあります。

また、近年、特に著作権の問題に関しては各関係機関ともに厳しい対応をしているため、映画やアニメからの編集投稿を軽くみるべきではありません。一部、広告用の画像を除き、基本的に作品内の投稿は認められていません。違法な行為には厳しい制裁が課せられる可能性があることを十分に注意して、正しいオリジナルの作品を著作権に投稿し、多くの方に楽しんでもらえるよう工夫することです。少しでも不安がある投稿は、絶対にしないことです。