著作権保護コンテンツ

Youtubeに動画をアップロードしている人は良く知っていることだとは思いますが、著作権保護コンテンツが含まれています。通常であれば、youtubeにアップロードした動画は管理画面からの際ダウンロードが可能ですが、著作権保護コンテンツが含まれていると判断された場合は、再ダウンロードが出来なくなってしまいます。

著作権保護コンテンツとは、著作権保護されている動画や音楽のことを言います。YoutubeではコンテンツIDという仕組みを利用して、動画のアップロードのときに著作権保護のコンテンツが含まれていないか自動的に解析するようになっています。自動的なので誤探知もあったりします。こうしたコンテンツにあたってしまうと、著作権情報の情報と申し立て情報が表れるといった具合になったりします。

しかし、該当している著作権侵害の作品が動画を削除されたりするわけではなく、広告収入は著作権者に入りますが、きちんと認知することでアップロードしても良いというのが基本となっています。動画がちゃんと真の著作権者が手にする収益になるのであれば、アップロードは許容するというスタンスになっています。そのため、著作権を持っているものに正当な報酬が与えられるのかが問題となっていて、すべてに問題があるというわけではありません。